大月市 おおつきし


本市は県の東部に位置し、首都東京より西に約75kmの距離にあり、古くから交通の要衝として発展してきました。 280.25㎞2の広大な面積の東西に笹子川、桂川が流れ、その河岸段丘とともに発達した中央低地をはさみ、周囲は豊かな緑に覆われた山並みに囲まれています。 市民と行政の信頼と協働により、郷土に愛着と誇りを持ち、豊かな自然の恵みを生かし、安全で安心して住み続けることのできるまちを目指します。

ひとと自然をいかし、希望のもてる未来をみんなで実現していくまち 大月

●都心まで特急電車で60分!東京・富士山・甲府の各方面へのアクセスが良好です。

●JR大月駅発、東京行きの快速電車があり、座席に座っての通勤・通学が可能です。

●豊かな緑や清流など美しい自然環境に恵まれており、富士山の眺望が素晴らしい数多くの山々があります。

●都心に近いことから、「二地域居住」もオススメです。平日は都心、休日は大月の自然に囲まれてのトレッキングや魚釣り、または農作業という暮らしはいかがでしょうか?  

 詳しくは「大月市移住相談窓口」をご覧ください!

市町村窓口
(問い合わせ先)
大月市 企画財政課
〒401-0013 大月市大月2-6-20
TEL 0554-23-5011
メール kkzaisei-19206@city.otsuki.lg.jp
市町村窓口へ行く交通アクセス
(電車)JR中央線新宿駅から大月駅まで特急で60分、大月駅から徒歩5分
(車)中央自動車道大月ICから国道20号で東京方面へ約5分
その他・留意事項
●地区の自治会について
各地区には自治会があります。自治会費(組費)については、自治会によって金額が異なります。
移住が決まったら、その自治会の区長や組長、ご近所へ挨拶に行きましょう。その際に、自治会費や年間行事、ごみ出し、暮らしの様子を聞いておきましょう。
●大月市の家庭ごみの出し方について
・各地区の自治会に加入することで、地区が管理するごみステーションにゴミを出せます。
・地区によって曜日は異なりますが、可燃ごみは週3日の収集、不燃ごみは月1回の収集、リサイクルペットボトル、飲料用缶、白トレイ、ダンボール・雑誌は月2回の収集、粗大ゴミは「粗大ごみステーション」が設置されている地区にのみ月1回の収集となっています。
また、市内にある「まるたの森クリーンセンター」へごみを持ち込むことが出来ます。(平日9:00~11:45、13:00~14:45 毎月第2・4土曜日及び第3日曜日 9:00~11:30)
●市内の医療機関について
一般診療所が19院、歯科医院が13院、大月市立中央病院があります。大月市立中央病院は、平成26年3月に新病棟、平成27年3月には既存棟の耐震改修が完了し、より充実した医療を提供できる地域の中核病院になっています。
●日用品の買い物等について
スーパーマーケットが2か所、ドラッグストアがあります。大月駅を中心に商店街も広がります。
また10店ほどのコンビニエンスストアも市内に点在しています。また、近隣の大型ショッピングモールやアウトレットモールへのアクセスもよく、車で約1時間圏内に10店ほどあります。
●上下水道について
上水道については、給水区域や簡易水道給水区域があり地区により異なります。また下水道についても地区により異なり、下水道整備区域と未整備区域(合併処理浄化槽により対応)があります。
●ガスについて
都市ガスの供給は無く、全域でプロパンガスの利用となります。現在、器具によってはお使いのものが使用できない場合があります。
●インターネット回線について
市内全域で民間事業者による高速・大容量のデータ通信が利用な環境となっています。
●大月市の消防団について
本市には消防団があります。消防団員は、仕事を持ちながら、地域の安心と安全のために活動しています。消防団の入団資格は、大月市内に居住されている方または勤務されている方等で、年齢が18歳以上の男女の方が対象となっています。現在団員募集中です。移住の際には、是非消防団にもご参加ください。

詳しくは「大月市移住相談窓口」をご覧ください!
人口
24,928人(H30.1.1)
面積
280k㎡
市町村のすがお