南部町 なんぶちょう


本町は、平成15年3月1日に旧南部町と旧富沢町が合併して誕生した県内最南端に位置する町です。東・南・西と三方を静岡県に隣接し、国道52号、JR身延線など山梨県と静岡県を結ぶ主要幹線が本町を貫いており、山梨県の「南の玄関口」として重要な拠点となっています。また、町の中央を北から南へ富士川が貫流する風光明媚な町で、多くの人が四季を問わず探索に訪れます。

水と緑が溢れるふれあい豊かな町 南部町

山梨県の南の玄関口で
『都会』と『田舎』の良いとこ取り生活

・甲斐源氏南部氏発祥の地です。
・年間平均気温は15度で、四季を通じて過ごしやすい温暖な気候です。
・特産品であるタケノコやお茶が有名です。
・江戸時代から続く内船歌舞伎や奇祭として名高い火祭りなど、この地ならではの文化が息づく町です。
・南部町には、平成32年3月に全線開通する中部横断自動車道のICが2箇所あり、都市部へのアクセスがより良好になります。この2箇所のIC付近にある「道の駅とみざわ」、「道の駅なんぶ」は、多くの来訪者で連日にぎわっています。また、南部ICに隣接した企業誘致場所は平成30年末に物流会社との契約を締結し、今後の町内雇用の促進も期待されます。

さらに、南部町では四季折々の景色を楽しめます。
内船公園より桜.jpg あじさいまつり.jpg

福士川渓谷の紅葉.jpg 恋人の聖地「白鳥山」.jpg

【定住支援制度】
・子どもの医療費助成(高校卒業まで)
・住宅リフォームに対する助成
・移住お試し住宅で暮らし体験
・若者世帯定住支援奨励金(分譲地取得額の50%を町で支給)
・優遇住宅ローン制度(上記奨励金の交付対象者は特別に優遇した金利の住宅ローン契約の締結が可能)

市町村窓口
(問い合わせ先)
南部町 企画課
〒409-2192 南部町福士28505-2
TEL 0556-66-3402
メール kikaku@town.nanbu.yamanashi.jp
市町村窓口へ行く交通アクセス
(電車) 東京駅から新富士駅まで、JR東海道新幹線 こだまで約70分
     新富士駅から富士駅まで、タクシー・バスで約5分
     富士駅から内船駅まで、JR身延線 特急ふじかわで約40分

     静岡駅から内船駅まで、JR身延線 特急ふじかわで約70分

(車)  東京から東名・新東名高速道路→中部横断自動車道 富沢ICまで約2時間30分
     
     静岡から新東名高速道路→中部横断自動車道 富沢ICまで約25分
その他・留意事項
○自治会組織への加入
 南部町には、区・組といった自治会組織があります。自治会に加入していただき、地域の行事には積極的に参加してください。

○家庭ごみの出し方
 家庭ごみの集積場所は自治会ごとに決まっています。収集日、分別内容を守って出してください。

○交通機関
 路線バス、電車などがありますが、快適な生活や移動には自家用車が必需品です。

○日用品の買い物等について
 町内には、個人商店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、道の駅などがあります。また、近隣の大型ショッピングモールまで車で約20分、静岡市の中心地まで車で約40分です。

○保健・医療について
 町内には、3医院、2診療所があり1次医療にあたります。町の福祉保健担当は、小さな町ならではのフットワークの良さが売りです。

○さらに詳しい情報は、「南部町暮らし情報」をご覧ください。
人口
8,006 人(H30.1.1)
面積
201k㎡
市町村のすがお